看護師業務私生活

看護師の仕事と私生活の両立とは

看護師の業務は非常に多忙です。毎日の患者様の状態変化などの業務報告、カンファレンスから始まり、看護業務をこなしながら、ドクターの回診や処置の対応、ナースコールに呼ばれれば、すぐに足を運びますし、最後にはカルテの整理や書類業務の処理が待っています。そんな業務を2交代や3交代でこなしていると、私生活なんてあったものではありません。夜勤明けに休みが続く事が多いので、疲労の回復が優先されてしまって、女の子らしい恋愛や、オシャレが疎かになってしまう事も多いです。そんな看護師の仕事や私生活の事情について私の主観的な意見も踏まえて公開していきます。

看護師の転職のメリットとは

私が看護師の仕事を始めて10年以上になりますが、転職は3度経験しました。その理由は結婚や子育てなどのライフイベントによる所も大きかったのですが、まず、職場の業務の多忙際に対して、給料が非常に安かったことにかなり不満を感じていました。また、業務が提示の時間内に終わった事がなく、残業代もつかず、有給の消化もままならない現場だったので、業務の改善を上司にお願いした事もありましたが、当然難しかったようです。
転職をするにあたって大事な事は、まずは自分がどういった条件を望んでいるのか、優先順位を付けて考えてみる事が重要です。例えば、私の不満を希望条件に変えますと、有給の消化率が高く、残業が少ない、もしくは残業代がきちんと支払われること、高給料であることなどです。この条件を達成するには、求人を探す際には看護師求人サイトを利用する事が重要です。一般的なはローワークや求人雑誌などの公開求人では、低い条件でも人材は集まりますから、基本的に好条件の求人は手に入りません。転職を行うメリットとして、好条件で転職を行うなら、看護師求人サイトを用いて、非公開の求人を自身にあった条件で紹介してもらうようにしましょう。

 

看護師の転職のメリットに関する詳しい情報はこちら!

バストに関する悩みを解決しましょう!

バストに関する悩みは女性であれば一度は感じた事はあるでしょう。思春期になれば、女性らしい身体になり、他人と比べてしまう事が多くなります。しかし、その基準は他の女性やグラビアなどの芸能人と比べてしまう事が多く、実際理想的な基準が曖昧な方も多いです。また、男性は大きい方が好きだという先入観からバストを大きく見せたい方も多くみえます。女性らしい服を着るのにサイズの問題を抱える方も多くバストに関する悩みというのは尽きませんね。では、一つ一つの悩みを少しずつ改善できるように説明していきます。

バストのサイズの悩み

バストのサイズの悩みの多くは、一般的な平均よりどうかや、お友達と比べたときに自分のほうが小さいといったことで悩まれる方が非常に多いです。しかし、その全国的な平均や他人と比べる事の問題点として、体系や身長も違いますし、明確な基準点として非常に曖昧だという点です。
理想的なバストのサイズというのは、トップバストを身長で割った数が0.55に近いほど理想的といわれています。ですから、身長が低い方と高い方では、理想的なバストのサイズは違いますし、他人と比べても基準が曖昧になり、悩みを抱えてしまう結果になるのです。バストのサイズというのは、大きければいいというのものではありません。この理想的なサイズというのは、身長を基準に、全体を見たときに女性らしい美しいバストの位置関係を調査した結果から割り出されたものです。まずは、この理想的なサイズを目指して、バストアップを図ることが重要です。

バストのハリに関する悩み

バストのハリというのは、触った感触が良かったり、胸が垂れていたりしない見た目の問題があります。まず、この触った感触に関係してくるのが、乳房を形成する脂肪組織と乳腺の割合です。乳腺が多いほどバストを支える柱が多いので、非常にハリのあるバストになりますが、それに対し脂肪組織が少なすぎると、硬いような印象を与えます。反対に脂肪組織は、非常に柔らかく暖か味のある感触を与えますが、それに対し乳腺の量が少なすぎると、バストを支える柱が少ないために、見た目上垂れ下がりやすいバストになってしまうのです。ですから、バストのハリというのは、脂肪組織と乳腺の割合によって決まってきますので、その点を抑えた上で、理想のバストアップを図っていく必要があります。まずは、基本的な情報から説明させていただいたので、これを踏まえて改善方法を実践していきましょう。